脳梗塞の予防

糖尿病・高血圧・脂質異常症の方

脳梗塞は血液を運ぶ脳の血管が何らかの原因で詰まり、血液が届かなくなった部分の脳細胞が死んでしまう病気です。
脳梗塞というと「防ぎようがない」、「後遺症が残る病気」と思われる方も多いかもしれません。しかし危険因子に注意して日常生活を改善していけば、脳梗塞のリスクを下げ、予防する事ができる時代になってきています。

当クリニックでは糖尿病・高血圧・脂質異常症などの基礎疾患があり、脳梗塞のリスクが高い方には、それぞれの疾患の治療のみならず、カラードップラーエコーで頸動脈のプラーク(コレステロールの塊)の有無を調べるなどして予防を考えていきます。

また大きな発作を起こす前の”前ぶれ”の症状を理解し、早期に総合病院の脳卒中センターなどを受診・治療すれば最小限の後遺症ですむようになります。

糖尿病・高血圧・脂質異常症などによる脳梗塞がご心配な方は、一度、受診して相談してみることが大切です。

心房細動

心房細動は、国内の総人口の約1.0%にも及ぶ頻度の高い不整脈であり、加齢とともに増加し、80歳以上では5%の人が心房細動を有します。基礎疾患に伴って発症することが多く、高血圧、心不全、弁膜症、冠動脈疾患、呼吸器疾患、糖尿病、甲状腺機能亢進症、睡眠時無呼吸、貧血などが基礎疾患として重要であるといわれています。

心房細動のある方には、脳梗塞の予防は必須であると考えます。
近年、心房細動の方が増えています。
必要に応じて抗凝固剤(Xa阻害剤、トロンビン阻害剤またはワーファリン)を飲んでもらって、心房の中の血栓が脳に飛んで詰らないよう治療していきます。
また、専門病院にて精査して、適応のある方に対しては、根本治療として、カテーテルアブレーションという方法で、治癒をめざす事をお勧めしています。

診療案内

糖尿病をお疑いの方、何科を受診したらよいのかとお悩みの方、遠慮せず受診してください。【総合内科専門医:山下司】

診療受付時間

  月 ~ 金 日・祝
8:30~12:45
(受付12:15分まで)
14:00~18:00
  • 診療時間
    月曜日~金曜日【8:30~18:15】
    土曜日【8:30~12:30】
  • 休診【土曜午後・日曜日・祝日】

診療費のお支払い

現金のほかカードもご利用いただけます。

山下司内科クリニックでは、現金のほかカードもご利用いただけます。
  • VISA、MASTER、JCB、DC、NICOS、MUFG、AMEX、DINERSCLUB、UC、SAISON、楽天KC、DISCOVER、J-Debitを取り扱っております。

各種電子マネーもご利用いただけます。
(※チャージ不足の場合はご利用いただけません。)

山下司内科クリニックでは、各種電子マネーもご利用いただけます。
  • 楽天Edy、QUICKPay、iD、nanaco、WAON、nimoca、SUGOCA、はやかけん、PASUMO、SUICA、ICOKA、manaca、TOICA、Kitacaを取扱っております。

福岡市博多区 地下鉄祇園駅近く 山下司内科クリニックへのアクセス

〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2丁目20-1 大博多ビル1F
TEL 092-431-2265 / FAX 092-431-2270

お問い合わせ電話番号

お問い合わせ電話番号092-431-2265