糖尿病(ダイアベティス)の薬物治療

適切な血糖値を目指す

糖尿病(ダイアベティス)の治療薬は日々、飛躍的に進歩しており、良い治療薬の種類も増えています。 これらを患者の皆様ひとりひとりに合わせてチョイスし、いかにうまく組み合わせて低血糖なくまた血糖値の振れ幅を小さくして、また体重を適切に保ち、良い血糖コントロールを実現し、治療していくかが私の重要課題です。

1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)

1型糖尿病(インスリン依存型糖尿病)ではインスリン治療が必須となります。また1型糖尿病では飲み薬としてSGLT2阻害薬も追加可能となっています。自宅での血糖管理法として、従来型の自己血糖測定に加え、持続的血糖モニターとしてフリースタイルリブレ2を当院では推奨しています。

2型糖尿病

2型糖尿病では、肥満があるか無いかで分かれますが、メトホルミン、SGLT-2阻害薬、DPP4阻害剤、経口インクレチン製剤、αグルコシダーゼ阻害剤、最少量のSU剤、グリニド系薬剤、イメグリミンなどと、必要あればインスリン注射、インクレチン注射剤を単独または組み合わせて使用します。適切な体重に向かう方向でかつ低血糖を起こしやすい薬剤は最少量で使用致します。

診療案内

糖尿病(ダイアベティス)をお疑いの方、何科を受診したらよいのかとお悩みの方、遠慮せず受診してください。【総合内科専門医:山下司】

診療受付時間

  月・火
木・金
8:30~12:45
(受付12:15分まで)
14:00~18:00
  • 診療時間
    月・火・木・金【8:30~18:15】
    水曜     【8:30~13:00】
    土曜     【8:30~12:30】
  • 休診
    【水曜午後、土曜午後・日曜日・祝日】

診療費のお支払い

現金のほかカードもご利用いただけます。

山下司内科クリニックでは、現金のほかカードもご利用いただけます。
  • VISA、MASTER、JCB、DC、NICOS、MUFG、AMEX、DINERSCLUB、UC、SAISON、楽天KC、DISCOVER、J-Debitを取り扱っております。

各種電子マネーもご利用いただけます。
(※チャージ不足の場合はご利用いただけません。)

山下司内科クリニックでは、各種電子マネーもご利用いただけます。
  • 楽天Edy、QUICKPay、iD、nanaco、WAON、nimoca、SUGOCA、はやかけん、PASUMO、SUICA、ICOKA、manaca、TOICA、Kitacaを取扱っております。

福岡市博多区 地下鉄祇園駅近く 山下司内科クリニックへのアクセス

〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2丁目20-1 大博多ビル1F
TEL 092-431-2265 / FAX 092-431-2270
山下司内科クリニックへのアクセス

お問い合わせ電話番号

お問い合わせ電話番号092-431-2265

山下司内科クリニックでは、臨時のお休みや日頃の診療に関するお知らせをLINEで行っております。

友だち追加

職場環境改善宣言企業