喘息・COPD

喘息

アレルゲンや抗原からの回避・除去、最小限の薬物治療により、生活状態を改善して健常人と変わらない日常生活が送れるようにコントロールし、喘息で入院や最悪の場合死亡することを防ぐことが治療の目標です。日本アレルギー学会の「喘息予防・管理ガイドライン2012」が参考となります。

喘息に対しては、世界の標準的治療として基本的にはステロイド吸入をベースとした発症予防を行っています。
最近ではステロイド剤と持続型気管支拡張剤を混合した吸入剤の使用が普及しています。またケースによっては、ピークフローメーターを使用してもらい家庭で喘息の自己管理を行ってもらっています。

慢性閉塞性肺疾患(COPD)

最近増えているCOPD(慢性閉塞性肺疾患)に関しては、スパイロメーターを使用して呼吸機能を測定して、抗コリン薬や気管支拡張剤、ひどい場合はステロド吸入などを併用して治療を行っています。

煙草を吸う方、息切れのある方、風邪をひきやすい方、スパイロメータでの検査を行います。
検査は息を吐き出すだけで、簡単でありますが、非常に重要な検査です。
3割負担の方で1000円程度です。

特にヘビースモーカーの方で息切れのある方はCOPDの可能性が高いので一度受診してください。

診療案内

糖尿病をお疑いの方、何科を受診したらよいのかとお悩みの方、遠慮せず受診してください。【総合内科専門医:山下司】

診療受付時間

  月 ~ 金 日・祝
8:30~13:00
(受付12:15分まで)
14:00~18:00
  • 診療時間
    月曜日~金曜日【8:30~18:15】
    土曜日【8:30~12:30】
  • 休診【土曜午後・日曜日・祝日】

診療費のお支払い

現金のほかカードもご利用いただけます。

山下司内科クリニックでは、現金のほかカードもご利用いただけます。
  • VISA、MASTER、JCB、DC、NICOS、MUFG、AMEX、DINERSCLUB、UC、SAISON、楽天KC、DISCOVER、J-Debitを取り扱っております。

各種電子マネーもご利用いただけます。
(※チャージ不足の場合はご利用いただけません。)

山下司内科クリニックでは、各種電子マネーもご利用いただけます。
  • 楽天Edy、QUICKPay、iD、nanaco、WAON、nimoca、SUGOCA、はやかけん、PASUMO、SUICA、ICOKA、manaca、TOICA、Kitacaを取扱っております。

福岡市博多区 地下鉄祇園駅近く 山下司内科クリニックへのアクセス

〒812-0011
福岡市博多区博多駅前2丁目20-1 大博多ビル1F
TEL 092-431-2265 / FAX 092-431-2270

お問い合わせ電話番号

お問い合わせ電話番号092-431-2265